美容整形で眼瞼下垂を治療【切らない最新医療でパッチリ目元】

医療

美しい目を保つためには

鏡を見る女性

眼球を支えているのは筋肉

絵画でも現実の世界でも、人間が一番注目する部分は目だと言われています。日頃から意識はしていないかもしれませんが、目はそれほどに大切な部分なのです。人間の眼球は、多くの筋肉によって支えられています。特にまぶたの筋肉は、人間の体の中でもデリケートにできています。このまぶたの筋肉の力が衰えたり、脳梗塞の病気などによって目が開きにくい状態になることを眼瞼下垂と言います。一昔前まで、眼瞼下垂は手術で切らない限り治りませんでした。しかし、近年では切らないで眼瞼下垂を治す方法が人気を集めています。これは、まぶたの筋肉を特殊な糸で吊り上げる方法ですが、切る手術と違い、術後の腫れを少ない状態で済ませることが大事です。

考えられる複数の原因

眼瞼下垂になる原因は複数あります。一つ目は、遺伝子による先天性のものです。小さいころから目が大きく開かなかったり、疲れが出ると瞼が上がりにくくなってしまうものです。先天性の眼瞼下垂でも症状は同じものなので、手術で治すことができます。しかし、最近増えているのは、ハードコンタクトレンズの着用による眼瞼下垂です。ハードのものは、ソフトコンタクトレンズよりも厚くできています。厚くできているということは、ソフトタイプのものよりも瞼に負担をかけてしまっているということです。このタイプの眼瞼下垂は、ハードコンタクトレンズをソフトのものやメガネに変えるだけで治すことができます。ソフトからハードコンタクトレンズにして、眼瞼下垂のような症状がみられる場合は、すぐに使用を中止することで、眼瞼下垂の症状の進行を防ぐことができます。

健康な瞼を維持するには

目元を触る人

眼瞼下垂は先天性のものや加齢によるものがほとんどでしたが、最近ではハードコンタクトレンズの着用によって眼瞼下垂を発病してしまう若者が増えつつあります。また、眼瞼下垂の手術方法は切開が主流でしたが、最近では切らないで治す方法がとられることが多くなり、これらは術後の瞼の腫れも少なくすむのが特徴です。

Read More...

まぶたの垂れ下がり

ウーマン

眼瞼下垂の手術では、目を開いたときに見える黒目の縦の面積を広く見せるような手術を行っています。この手術は、眼瞼下垂の症状により、健康に異常をきたしていれば、健康保険を使って治療を受けることも可能です。

Read More...

瞼が下がる要因と手術

フェイス

眼瞼下垂症は、まぶたが開けにくくなる疾病で、色々な原因で発症します。 とりわけ、まぶたを開ける筋肉およびまぶたの接合している部分はウィークポイントで、原理上 ゆるみがちになりやすいといえます。 治療法としまして、手術があります。

Read More...