美容整形で眼瞼下垂を治療【切らない最新医療でパッチリ目元】

2人の中年女性

健康な瞼を維持するには

目元を触る人

複数の原因

眼瞼下垂は、遺伝子などによる先天性のタイプが多いとされていました。しかし、最近では家族や親族に眼瞼下垂の人がいなくてもなる場合があります。それは、ハードコンタクトレンズの着用による眼瞼下垂です。コンタクトレンズは視力を矯正するもので、プラスチックで出来ています。技術の発達により、最近では目にいれても違和感の少ない、薄いコンタクトレンズが販売されるようになりました。しかし、ハードタイプのものは、ソフトタイプのものよりも厚みがあるため、それだけ瞼に負担がかかってしまいます。瞼の筋肉は、人間の体の中でも特に繊細にできているため、気を付けなくてはならない部分です。近年では若い人の多くがコンタクトレンズを着用しています。そのため、加齢による老人性眼瞼下垂よりも若者の眼瞼下垂が増えてきている傾向にあります。

手術方式の変化

加齢によって瞼の筋力が衰え、眼瞼下垂を発病してしまうケースはよくあります。特に年齢を重ねるにつれて、瞼の脂肪は薄くなっていき、下がっていきます。たるみや年齢のせいにするのではなく、昔よりも目が開きにくいと感じたら、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。年齢によるものだと思って放っておくと、視力の低下を招いてしまう恐れがあるからです。眼瞼下垂の症状に早く気がつくことができれば、それだけ治りも早くなります。眼瞼下垂の手術は切開方法が主流でしたが、最近では瞼を切開せずに治す方法が一般的になってきました。これらは瞼の筋肉を上げて、目を開きやすくする手術なので、術後の腫れも少なく済むのが特徴です。