美容整形で眼瞼下垂を治療【切らない最新医療でパッチリ目元】

2人の中年女性

まぶたの垂れ下がり

ウーマン

手術の方法

眼瞼下垂を治療するための手術では、目を開けた時に見える黒目の面積が広くなるように、上のまぶたを上に大きく開けるようにしていきます。上のまぶたの内側にある眼検挙筋という筋肉を縫い占めていきます。そうすることにより、上まぶたの目を開くための筋肉を強化させて、目の縦の面積を広くしていきます。眼瞼下垂の手術のおおよその時間は、クリニックや取り扱う手術方法によって異なります。最低でも30分以上かかるところが多いといわれています。手術の方法では、糸を使って眉のほうに縫い合わせていく手術方法が一般的とされています。この手術方法は、まぶたが重く垂れ下がっている方や、加齢によって肌のハリが衰えてまぶたの筋肉が緩んでしまった方に適しています。

健康保険の適応

眼瞼下垂は、まだ一般には広く知られていない整形手術方法です。しかし、眼瞼下垂の整形手術には、場合によれば健康保険が適応されることがあります。健康保険の適応範囲は、眼瞼下垂の症状によって、視覚障害が伴うほどまぶたが垂れ下がっている方、または症状によって健康状態に何らかの支障をきたしていると診断されている方に適応されています。健康保険適応の手術の場合、美容整形のように自分のなりたい目のデザインまでは反映されませんが、ある程度自分の目の原型がある状態で希望の切開ラインを選ぶことができます。この場合、切開手術をした後、皮膚に形成外科的な縫合の処理をしっかりと施すため、まぶたに手術の後の傷が残りません。